不動産に関する用語はここでチェック!不動産仲介のための用語集

あ

【アール】
バルコニーや天井などをゆるやかな曲線を描いたアール状にデザインすること。
【RC 】
Reinforced Concreteの略で、「鉄筋コンクリート構造」という意味。
関連用語→SRC
【IHクッキングヒーター】
IHとは、Induction Heaterの略で「電磁誘導加熱器」という意味。電気熱源のコンロで、電気で鍋を発熱させる、ガス式コンロのように、立ち消えの心配がなく、キッチン内も熱くならず、空気も汚さないという利点があります。火力も強いので、中華料理なども調理できます。
【青田売り】
宅地の造成工事や建物の建築工事が完了する前に、販売活動や売買等をすることです。事前の説明と完成後の内容が違うとトラブルが生じやすいことから、宅建業法では開発許可や建築確認等、工事に必要な行政の許可を受けた後でないと、広告や契約をしてはいけないことになっています。
【アクセス】
不動産等の所在地までの交通手段、道路整備の状態などをいいます。交通アクセスともいいます。
【足元温風器】
キッチンの流し台や洗面室の洗面台の下に収めた暖房機をいいます。
【足元灯】
廊下や階段など足元に設置する常夜灯のことです。
【アセットマネジメント】
資産(アセット)管理業務のこと。一般的には資産を最も効率的に運用するためのコンサルティング業務のことを指す。
AMと略すこともある。
不動産投資についてのアセットマネジメントでは不動産の選定・購入・売却の請負、資産評価、各種の契約代行などを行うほか、対象不動産の資産価値を高め効率的に収益を上げられるように専門的立場からアドバイスする。
この業務に当たるものをアセットマネージャーと呼ぶ。
【頭金】
住宅を購入する時に用意する自己資金のうち、購入代金の一部に充当する金銭のことです。従来の金融機関は、物件価格の8割までしか融資しないため、一般的には2割相当の頭金を用意しないといけないのですが、諸条件を満たせば頭金が0〜10%で購入できるローンもあります。
【アパート】
英語の「アパートメント(apartment)」の略。わが国では一般的に1階建てもしくは2階建ての共同住宅で、建築構造が木造または軽量鉄骨構造のものをいいます。最近では2階建ての共同住宅であっても、重量鉄骨構造のものがあり、また外壁・内壁も軽量気泡コンクリートパネル等としているものもあります。
【アフターサービス】
建物を一定期間、分譲会社や仲介会社が構造や設備・仕様の保守点検や修繕等の便宜を図ることを保証するもの。保証期間中なら無料で修理してくれます。
【アプローチ】
敷地の入り口から建物の玄関までの通路をいいます。
【雨どい】
屋根を流れる雨水を軒先に集め、地下や下水まで導いて排水する部材をいいます。軒先に付ける「軒どい」、軒先から地上につなぐ「竪(たて)どい」、両者をつなぐ「呼びどい」に分かれています。
【アルコーブ】
マンションにおいて、共用廊下から少し離れた位置に玄関扉をおいた造作のことです。
【アンカーボルト 】
布基礎と土台を緊結するための重要な棒状の金物のこと。
【アンボンド工法】
板状のコンクリートスラブ(天井・床)にピアノ線状の鋼材を通し、この鋼材を引っ張り、固定させる工法のこと。天井の小梁をなくせるため、圧迫感がなく、部屋を広く使えるというメリットがあります。

ページ上部へ戻る

い

【意思能力】
法律行為を行なったときに、自己の権利や義務がどのような変動するかを理解するだけの精神能力のことをいいます。民法上の規定はないが、このような意思能力を持たない者(=意思無能力者)の行なった法律行為は無効とされています。
【遺跡の発見の届出】
出土品の出土等により、土地の所有者・占有者が、貝塚・古墳・住居跡などの遺跡を発見した場合には、土地の所有者・占有者はその現状を変更することなく、遅滞なく文化庁長官に対して届出を行なわなければならないことで、これを「遺跡の発見の届出」といいます。
【委託管理】
分譲マンションなど、管理組合の業務の一部または全部を管理会社に委託することです。
【板畳】
タンスなどを置くために、マンションの和室などにある板敷きの部分をいいます。
【一時金】
(1)不動産を賃貸借する時に、賃料とは別に借主が貸主に一時的に支払う金銭のことです。保証金、敷金、礼金、更新料などがあります。
(2)都市基盤整備公団から住宅を購入する時、売買契約を締結して支払う頭金のことをいいます。
【位置指定道路】
特定行政庁から道路位置指定の認可を受けた私道を、一般に「位置指定道路」と呼んでいます(建築基準法第42条第1項第5号)。位置指定道路は「建築基準法上の道路」であるため、位置指定道路に面する土地では、原則として建築物を建築することができます。
【1418バス】
浴室のサイズを示す数字で、1317なら130cm×170cm、1418なら140cm×180cmの広さをいいます。通常の浴室で1418のサイズがあれば、足を伸ばしてゆったり入ることができる浴槽がです。
【一般建築物】
建築基準法において、特殊建築物と、大規模建築物とのどちらにも該当しない建築物をさします。
【一般定期借地権】
平成4年8月1日に施行された新借地借家法で導入された新しい土地の権利関係の一つです。50年以上(通常は50年)の契約期間で借地し、原則として契約の更新や期間延長をせず、契約が終了すれば建物を取り壊し、更地にして地主に返還することです。
【一般媒介契約】
媒介契約のひとつの類型です。売主が複数の不動産業者に売却を依頼できる契約のことです。
なお、依頼者が、「依頼した宅地建物取引業者」以外の「他の宅地建物取引業者」に重ねて依頼する場合において、その「他の宅地建物取引業者」の名称と所在地を、「依頼した宅地建物取引業者」に通知するかどうかにより、一般媒介契約はさらに次の2つの類型に分かれます。

1) 明示型の一般媒介契約
明示型の一般媒介契約とは、「他の宅地建物取引業者」の名称と所在地を、「依頼した宅地建物取引業者」に対して通知する義務があるとする媒介契約です。

2)非明示型の一般媒介契約
非明示型の一般媒介契約とは、「他の宅地建物取引業者」の名称と所在地を、「依頼した宅地建物取引業者」に対して通知しなくてよいとする媒介契約です。
【移転登記】
所有権移転登記のことです。所有権移転登記とは、不動産の売買取引において、不動産の所有権が売主から買主に移転したことを登記することです。
【委任状】
ある人がある法律行為を他の人に委託する契約を「委任」といい、委任したことを記載した文書を「委任状」といいます。
【居抜き】
店舗や工場などを、その内部の商品、設備、什器備品などを設置したままの状態で売買・賃貸することです。
【違法建築】
建築基準法や条例の規定など、許可条件に違反している建築物のことです。建築時は合法的であっても増改築や修繕などで違法な状態になった場合も違法建築になります。特定行政庁は、違法建築の建築主、工事の請負人または現場監理者、所有者等に工事の施工停止、建築物の除却、移転、改築、使用禁止などの措置を命じることができます。
【違約金】
契約に違反した場合、債務を履行しない相手方に対して支払うとあらかじめ定めておく一定の金銭のことです。
【入母屋屋根】
→屋根
【インカムゲイン】
運用・投資によって得られる収益の1つで資産を保持したまま、安定的かつ継続的に得られる収益のことをいう。不動産投資の場合は、賃料収入がこれにあたる。(⇔キャピタルゲイン
【印鑑証明(会社の〜)】
株式会社・有限会社等の法人の代表者印を押印するのが通例である。このような代表者印について、その代表者印が、登記所に対して印鑑届けを行なった正式なものであるということを、登記所が公的に証明した書面のことを「印鑑証明」といいます。
【印鑑証明(個人の〜)】
個人が市区町村役所において印鑑登録を行なった実印について、その実印が印鑑登録された正式なものであるということを、市区町村長が公的に証明した書面のことを「印鑑証明」といいます。
【印紙税】
印紙税法上で課税対象となる文書を作成する時に課せられる国税です。契約書に印紙を貼る形で納税します。住宅購入時には、売買契約書や金銭消費貸借契約書、工事請負契約書などを作成する時に必要となります。

1)不動産売買契約書・建築工事請負契約書を作成するとき、収入印紙の額面は次のとおりである(印紙税法別表第一・1号文書、2号文書)。
・契約金額が500万円を超え1千万円以下のとき・・・1万円
・契約金額が1千万円を超え5千万円以下のとき・・・1万5千円
・契約金額が5千万円を超え1億円以下のとき・・・4万5千円

2)金銭消費貸借契約書を作成するとき、収入印紙の額面は次のとおりである(印紙税法別表第一・1号文書)。
・契約金額が500万円を超え1千万円以下のとき・・・1万円
・契約金額が1千万円を超え5千万円以下のとき・・・2万円
・契約金額が5千万円を超え1億円以下のとき・・・6万円
注:上記1)から2)においてその他の場合は省略。
【インターネットマンション】
インターネット専用線設備を備えた集合住宅のことで、インターネット専用の常時接続回線を導入、月々一定の定額料金で、マンションの入居者がインターネットを自由に安く利用できるようになっているマンションです。
【インテリア】
室内の内装や家具、装飾のことです。本来は、建物の内部空間の全体を指す言葉。

ページ上部へ戻る

う

【ウォークインクロゼット】
歩いて入れる部屋状の大型収納スペースのこと。主に衣類の収納に使われ、ハンガーパイプや棚が付いていたり、システム収納が組み込まれています。人が歩いて入れない場合は「クロゼット」と呼んでいます。
【内金】
売買代金を何回かに分けて支払う場合、最終支払金以外に途中で支払う金銭のことで、「内入金(うちいれきん)」または「中間金」ともいいます。契約によっては、「手付金」と同じ意味をもつ場合もあります。
【打ちっ放し】
コンクリートを打ち込んだままの面を仕上げ面とすることです。無機質な感触があり、商業ビルやマンション、個人住宅に使用されています。
【内法】
建物の床面積を測定する際に壁の厚みを考慮せず、壁の内側の部分の面積だけを「床面積」とする考え方のこと。不動産登記法では、分譲マンションなどの区分所有建物を登記する場合には、この内法の考え方で床面積を計算することとされています(不動産登記法)。この反対に、建物の床面積を測定する際に、壁の厚みの中心線を想定し、この中心線に囲まれた面積を「床面積」とする考え方のことを「壁心(へきしん・かべしん)」といいます。
【ウッドデッキ】
庭の一部に設けられた木製の床で、居間等と連続した造りになっているものを「ウッドデッキ(木の甲板)」といいます。
【売建住宅】
デベロッパーが宅地を分譲した後、購入者と建築請負契約を結び、その土地に建物を建築して引き渡す方式です。土地を売ってから建てるので「売建」、あるいは建築する条件を付けているので「建築条件付き」「停止条件付き」ともいいます。あらかじめデベロッパーが建てた住宅を購入する「建売住宅」と異なり、購入者が自分の意向に沿った設計プランをたてることができます。
【売主】
不動産の売買契約において、不動産を売る人(または法人)を「売主」といいます。また不動産広告においては、取引態様の一つとして「売主」という言語が使用されています。
【売渡証書】
不動産の売買契約の内容を簡潔に要約した書面のことを「売渡証書」といいます。この売渡証書は、売主または買主からの依頼により、登記手続を担当する司法書士が不動産売買契約書をもとにして作成するのが一般的です。売渡証書の記載内容は「売主の住所氏名」「買主の住所氏名」「売買される不動産の概要」です。この売渡証書は「所有権移転登記の原因を証する書面」として、所有権移転登記を申請する際に、登記所に提出されます。
【上物】
土地の上に建物が存在しているとき、この建物を一般的に「上物」と呼びます。

ページ上部へ戻る

え

【エアサイクルシステム住宅】
省エネ型住宅の一つで、壁の間にすきまを設け、空気を対流させて温度調節するように設計された住宅のことです。
【永小作権】
小作料を支払うことにより、他人の土地で耕作または牧畜をすることができるという権利(民法270条)。現在では永小作権は殆ど残存しておらず、農地の貸与は賃借権によって行なわれています。
【HRC】
高強度コンクリートを使った鉄筋コンクリート造のことです。Hard Reinforced Concreteの略。
【ALC】
軽量気泡コンクリートのことです。内部に無数の小さな気泡を含むため、軽量で施工しやすく、断熱性や耐火性に優れています。Autoclaved Light-weight Concreteの略。
【ALC造】
ALC製のパネルを使用した建築構造のことです。
【エクステリア】
建物の外まわりに設置される工作物等を総称して「エクステリア」と呼んでいます。具体的には、住宅の場合で言えば、門扉、塀、生垣、庭、カーポートなどのことです。
【SRC】
「鉄骨鉄筋コンクリート構造」という意味で、Steel Reinforced Concreteの略。
関連用語→RC
【S造】
「鉄骨構造」という意味です。Sは「Steel」の略。
【SPC】
Special Purpose Company(特定目的会社)の略。
特定の資産の流動化(不動産の証券化など)という目的のためだけに存在するペーパーカンパニーのこと。SPCが不動産などの特定資産を担保として有価証券を発行し、投資家がそれを購入。SPCはその特定資産の運用益を投資家に配当や支払利息として配分する。なお、特定目的会社の頭文字をとって、TMKと略して表記されることもある。
【エックスシステム】
大阪ガスが開発した給湯暖房システムのことです。
【NOI利回り】
NOIは『NetOperatingIncome』の略で不動産から得られる年間の『総収入』から、年間の『固定資産税・都市計画税、損害保険料、火災保険料、管理補修費』を差し引いた額のこと。純収益ともいう。
NOI利回りは『NOI』をその物件の『売り出し価格』で割ったものでこれが高ければ高いほど収益性の高い物件といえ、不動産を選定するときの重要な指標のひとつである。
【LDK】
リビングは「居室」、ダイニングは「食事室」、キッチンは「台所」であり、リビング・ダイニング・キッチンは「居室兼食事室兼台所」という意味です。
【L型配列】
→ワークトップ
【エントランス】
建物の出入り口部分のことをさします。

ページ上部へ戻る

お

【オートライト】
人の気配を感知して自動的に点滅する照明で、玄関などに使用されています。
【オートロックシステム】
暗証番号や住戸内からの操作によって、ドアの施錠や解錠を行う、防犯面で有効なシステムです。
【オーバーハング】
下階よりも上階が張り出し、スペースが広くなるように設計されたものです。下階よりせり出した部分を「キャンティ」と呼び、居間やベランダとして使用するため、庭の広さと建物内の広さを確保できるメリットがあります。
【オープン外構】
敷地の周囲に塀を造らない、開放的な敷地まわりのことです。道路から家が丸見えになる状態で、アメリカでは多いが、日本では塀や垣根等、隣との境を低くするオープン風外構が主流となっています。
【オープンキッチン】
リビングとダイニングが一つの部屋で、その中の一方の壁にキッチンが備えられているタイプをいいます。
【オープンスペース】
大規模なビルやマンションに設けられる空地であって、歩行者用通路や植栽などを整備した空間をオープンスペースといいます。大規模なビルやマンションにおいて、ヒートアイランド現象を緩和するために地上の空地部分の緑化が推進されており、また地方自治体の条例により良好な街並みの形成が推進されています。
【オープンハウス】
住宅を販売するために行う集客方法のひとつです。特定の日に販売物件を開放し、一般のお客様に自由に内部を見てもらうものです。自由にゆっくり内部を見ることができます。
【屋上緑化】
樹木・植物などを建造物の屋上に設置し、緑化することです。近年ではヒートアイランド現象を緩和するために屋上緑化が非常に有効であることが認識されてきました。
【汚染井戸周辺地区調査】
水質汚濁防止法の第15条の規定により、都道府県知事が毎年度実施している地下水モニタリングのひとつです。すでに発見された地下水汚染地区がある場合に、その地下水汚染地区(およびその周辺)に所在する複数の井戸の水質を毎年検査し、地下水汚染の範囲が経年的に拡大または縮小していることを調べるという調査。
【汚染土壌の掘削による土壌汚染の除去】
汚染土壌について、地下水汚染を経由した健康被害の恐れがある場合または土壌の直接摂取による健康被害の恐れがある場合における土壌汚染の除去等の措置のひとつです。
【汚染土地の指定】
土壌汚染状況調査の結果、その土地の土壌の特定有害物質による汚染の状態が、法定の基準に適合しないと認められる場合には、都道府県知事は当該土地の区域を、特定有害物質によって汚染されている区域として指定する必要がある(土壌汚染対策法第5条)。このようにして知事に指定された区域を、土壌汚染対策法では「指定区域」と呼んでいます。
【汚染土地の指定区域台帳】
汚染土地の指定区域に指定された場合には、知事は、健康被害の拡大や不動産取引上の不測の損害が発生することを防止するために、指定区域台帳にその指定区域を登載する必要があります。この指定区域台帳の帳簿および図面は、誰でも閲覧することができ、知事はその閲覧を拒否することが原則としてできません(土壌汚染対策法第6条)。なお、汚染が除去され、指定が解除された場合には、この指定区域台帳からその土地に関する帳簿および図面は消除されます(土壌汚染対策法施行規則第20条)。
【汚染土地の土地の形質変更】
汚染土地の指定区域において、宅地造成等の土地の形質変更を行なう場合には、工事に伴って汚染が拡散する恐れがあるので、工事を行なおうとする者は、着手する日の14日前までに知事に届出を行なう必要があります(土壌汚染対策法第9条)。なお当該工事が汚染を拡散させる恐れがある場合には、知事はその工事の計画を変更することを命令することができます(土壌汚染対策法第9条)。
【乙区】
不動産登記簿は、1個の不動産ごとに1組の登記用紙を使用し、多数の不動産の登記用紙をまとめて1冊のバインダーに綴じ込んだものです。この1組の登記用紙において、不動産の所有権以外の権利に関する事項を記載した部分のことを「乙区」と呼んでいます。この乙区に記載される登記には「抵当権設定登記」「地役権設定登記」「賃借権設定登記」などがあります。
【落とし込み浴槽(埋め込み式浴槽)】
浴室の床面に埋め込んで設置する浴槽のことです。床面から浴槽の縁までの立ち上がりの高さは35cm〜45cm程度がまたぎやすく、入りやすいのが特徴です。
【踊り場】
階段の途中に設けた小さなスペースで、転落防止に役立ち、小休止できるため高齢者や子どもに安全です。
【オプション】
分譲住宅等で標準仕様に含まれていない設備や仕上げのことです。分譲価格に含まれていないため、オプションの内容ごとに追加費用が発生します。
【オフバランス】
オフバランスシートの略。バランスシート(貸借対照表)に計上されない資産・負債のことを指す。たとえば株式や為替などの先物取引や予約取引は実際に決済日が来るまではバランスシートに計上されない。この仕組みを利用して資産や債務を圧縮することをオフバランス化といい、企業が所有不動産を証券化して資産からはずし、投資家に売却する手法もオフバランス化の一例である。
結果として、企業は不動産価値の下落というリスクからも解放され、財務体質の向上にも役立つとされる。
【親子ドア】
玄関等のドアが大小サイズの観音開きになっているものをいいます。通常は大きい方のドアを使用し、小さい方のドアは鍵をかけて開かないようにしています。
【親子リレー返済】
公庫融資制度の一つです。融資の申込者本人が、同居しているか将来同居予定の、一定の条件にあてはまる子ども等を後継者として連帯債務者に指定し、申込者が返済能力を失った場合にはその子ども等が代わって返済を継続していく方法です。申込者本人が短い返済期間しか選べないような場合でも、後継者の借入申込時の年齢を基に計算されるので、最長の返済期間を選べるというメリットがあります。年金融資、銀行ローンなどにも同様の融資制度があります。

ページ上部へ戻る

閉じる