不動産に関する用語はここでチェック!不動産仲介のための用語集

ま

【間口】
土地と道路が接する長さのこと。「奥行き」に対していいます。
【マンション管理業】
管理組合から委託を受けて、業として分譲マンションの「管理事務」を行なうこと。
【マンション管理業者】
国土交通大臣の登録を受け、マンション管理業者名簿に登録された者をいいます。

ページ上部へ戻る

み

【未線引き(区域)】
都市計画区域を、市街化区域と市街化調整区域に分けることがいまだされていない区域のこと。

ページ上部へ戻る

む

【無指定】
都市計画区域内ではあるが、用途地域が指定されていない区域のことを「無指定」や「無指定区域」などと呼びます。
【棟上げ】
棟木を納めること、もしくはその時に行なう儀式をいいます。

ページ上部へ戻る

め

【MB(メーターボックス)】
電気・ガス・水道のメーター(計器)をまとめて収納したもの。
【メゾネット】
集合住宅において、上下2階にわたり、内階段で結ばれている住戸のことを「メゾネット」といいます。
【面格子(めんごうし)】
防犯のために、窓などの開口部に、一定の間隔で打ち付けられた鉄棒などの格子のこと。
【免震工法】
地震による建物の揺れや破壊を防ぐため、基礎部分と上部構造の間にゴムなどを入れ、地震の力が直接建物に伝わらないよう工夫された構法。
【メンテナンス】
維持、管理、修理などを定期的に行うことで、住宅の耐用年数を延ばします。

ページ上部へ戻る

も

【木造】
主要な部分を木材で造ること。で、木造の工法は、大きく分けて「在来工法」「伝統工法」「枠組壁工法」の3つに分類されています。
【モジュール】
建築生産における規格化・標準化を図るための基準寸法のことで、一般的には尺である91cmを基本寸法とします。
【持ち分】
共有者の持つ権利、共有者の部分的な所有権の、割合などを指します。
【モデルハウス】
販売促進やPRのために、住宅展示場などで公開している住宅メーカーが建てた自社の製品(住宅)。
【モデルルーム】
販売促進のために、完成に先立ってマンションの敷地内や現地近くに建築する住戸のこと。
【盛り土】
斜面地などを造成して宅地にする際に、傾斜のある土地を平らな土地にするために、土砂を盛ること。
【モルタル】
セメントと砂に、水を加えたもの。

ページ上部へ戻る

閉じる